韓国「日本憲兵の軍刀で左腕を失った女子学生は…」→ マジかよ・・・・・・


no title

1 2019/02/25(月) 18:30:40.76 ID:CAP_USER

[3・1運動の遺跡を行く]近代文化遺産に残ったスピア女子高




「日本憲兵が振り回した軍刀で左腕を失った女子学生は身体から離れた手に握られた太極旗をもう一方の手で取り上げて大韓独立万歳を叫びました。」

ホン・インファ、スピア女子高校歴史研究所所長は光州(クァンジュ)でも1919年3月、野火のように燃え上がった万歳運動の一場面をこのように説明した。

100年前のその日、万歳(マンセー)行列の先頭に立って導いた主人公は「朝鮮の血女」「南の島の柳寛順(ユ・グァンスン)」と呼ばれるスピア女学校2年、尹亨淑(ユン・ ヒョンスク、1900~1950)烈士だ。

日帝の残酷な拷問で右目まで失ったユン烈士は4カ月間監獄の苦しみを体験した後、故郷の全南(チョンナム)麗水(ヨス)に帰って正常ではない体で抗日運動を継続した。ユン烈士の屈曲した人生は民族が再び悲劇に向き合った1950年、幕を下ろした。冷酷な日帝さえ奪えなかった彼女の人生は人民軍の銃弾によって消えうせた。

民族気象を世界万国に知らせた1919年の全国的万歳運動は光州でユン烈士をはじめとするスピア女学校学生と教師が出発点に立った。地域出身の日本留学生、チョン・グァンホが「2・8独立宣言書」を持って帰郷し、光州でも万歳運動が芽生えた。

スピア女学校のパク・エスン教師は独立宣言書を配ってパリで開かれた万国強化会議を説明し、学生たちも万歳運動に参加しなければならない正当性を教えた。その年1月に崩じた高宗(コジョン)皇帝が日帝によって毒殺されたというニュースを伝え聞いて憤慨した学生たちは万歳運動に参加する意志を固めた。

スピア女学校の学生たちは偉業を一日前にした3月9日の夜、学校の建物であり寄宿舎であったスピアホールの地下礼拝堂に集まって高宗皇帝葬式の日に着たチマ(スカート)を解いて夜中に太極旗を作った。偉業当日午後2時に入ると、すぐにユン烈士を含むスピア女学校の学生たちはそでの中に太極旗を隠して校庭に集まった。

チマチョゴリ姿の学生たちがアリランを歌いながら楊林(ヤンリム)橋と光州川辺を経て不動(プドン)橋へ向かいながら光州でも万歳運動が始まった。万歳運動の報せに接したスンイル学校と光州農業学校学生たち、キリスト教徒、住民など1千人余りを越える人波も不動橋路に集まった。午後3時頃、太極旗と独立宣言書を配った群衆は両腕を上にあげ声帯が破れるように大韓独立万歳を叫んだ。

光州警察署が位置した今の忠壮路郵便局方面に万歳の波が押し寄せた。勢いに押された日帝軍警は万歳行列が警察署の側に近づくとすぐに銃を撃って刃物を振り回し始めた。行列先頭で片方の腕が切られても万歳を叫んだユン烈士の気概は日帝軍警まで驚かせた。2代朝鮮総督、長谷川好道が翌日、本国に送った急電には「光州で耶蘇教(キリスト教)が主導した群衆暴動が起き、朝鮮人1名が負傷し、警察がデモを解散させた」と記録されている。

片方の腕を失ったユン烈士は残った腕で太極旗を取り上げようと身体をかがめる姿は2014年、故郷麗水に建設された抗日独立運動記念塔造形物にも刻まれている。10日の一日だけで100人以上捕まったが光州の民衆は次の日と13日、市の日にも奮い立って万歳を叫んだ。
(後略)

http://sports.chosun.com/news/utype.htm?id=201902240000000000010793&ServiceDate=20190224


続きを読む

Source: エクサワロス


返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。