野党「政府が働き方改革法案の国会提出を断念しなければ、予算案の採決に応じない!」


1: 2018/02/27(火) 12:10:17.88 ID:HsqUlF6P0 BE:135853815-PLT(12000)

column03-1

28日の衆院通過目指す 18年度予算案で自民 野党は反発

 自民党は27日午前の役員連絡会で、2018年度予算案について、28日に衆院予算委員会と衆院本会議で採決し、衆院を通過させる方針を決めた。
立憲民主党など野党6党は27日午前、幹事長会談を開き、裁量労働制を巡る厚生労働省のデータを再調査するよう求め、予算案の採決に応じられない姿勢を確認する。
予算案の衆院通過を巡る与野党攻防がヤマ場を迎える。

 安倍晋三首相(自民党総裁)は27日午前、首相官邸で自民党の二階俊博幹事長、森山裕国会対策委員長と会談し、予算案の審議状況の報告を受けた。
与党は3月末までの予算案成立を確実にするため、28日に衆院予算委で締めくくり総括質疑を実施し、同日中の衆院通過を目指す。

 菅義偉官房長官は27日の閣議後の記者会見で「予算の早期成立が最大の景気対策だ。1日も早く成立させてほしい」と強調した。

 野党は政府・与党への対決姿勢を強めている。立憲民主、希望、民進、共産、自由、社民の野党6党の幹事長・書記局長は国会内で会談した。
厚労省が裁量労働制のデータを再調査し、政府が働き方改革関連法案の国会提出を断念しなければ、予算案の採決に応じない方針を確認する。
野党6党は会談後、国会内で合同集会を開き結束を呼びかける。

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO27433470X20C18A2EAF000/


続きを読む

Source: エクサワロス


返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。