日本ユーザー、ゲーム開発者目線で「世界一めんどくさい客」だった


キャプチャ

1: 名無しさん : 2018/08/29(水) 07:23:40.80 ID:Y59nGKcH0
 実は少し前に、日本のゲーム会社の人と会った時に、次のような話を聞いた。この人が言うに、世界一律サービスが可能なオンラインゲームでも、日本ではなく米国などで先行させるのが賢明だそうだ。日本のゲームユーザーは少しのバグも許さないし、ソーシャルメディアなどの普及で、ボコボコにされる風評リスクも高まっているからだ。

 この話を聞いて、私は「なるほど、話題のオンラインゲームが欧米などで先行リリースされ、日本での提供が後回しにされるのは、このためか」と妙に納得した。その人は「日本のユーザーは世界一厳しいですからね」と当たり障りのないことを言っていたが、私には「世界一めんどくさい客」
と聞こえた。プログラムなんだから初期にはバグが残っていて当たり前なのだが、軽微の不具合でも「カネ払ってんだぞ!」と多勢で責め立てられる。

 そう言えば、この「IT部門はゲームユーザーと全く同じ」という話をTwitterに投げたところ大反響があった。その中に「海外ではユーザーフォーラムが充実していて、バグ発見やユーザーインターフェースの改善要望等を出して、もっとこのゲームを良くしたいという意識がユーザー側にもある」との意見があった。

 私はそれを読んで、米国などでのエンタープライズ系ソフトウエアのユーザー会やOSS(オープンソースソフトウエア)コミュニティーの発想と同じだと感心してしまった。日本では残念ながら、ゲームユーザーや企業のIT部門などを問わず、こうした発想を持つユーザーはごくわずかしかいない。大半の日本人ユーザーは「不完全なものを出しやがって。ふざけるな」と怒鳴り散らすのみである。
http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/column/14/463805/032300131/


続きを読む

Source: わんこーる速報!


返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。