日本の過剰な接客がクレーム客を産む・・・


1: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2018/09/29(土) 15:49:35.24 ID:ID:G79PMod+0.net
しかし彼はそこで、「大変申し訳ありませんでした」と深々と頭を下げてきたのである。しかも、お金を払った後も、「申し訳ありませんでした」と再度お辞儀。その様子に、むしろわたしが戸惑ってしまった。
アイスカフェモカのラージでも飲みますよ!? 怒ってないですよ!? 
 日本に一時帰国してから、このようなお客様扱いにドギマギしてしまう場面がたくさんあった。

 安いことがウリの居酒屋で、店員がひざまずいて注文を聞く。靴屋でサイズを言ったら、店員は小走りでバックヤードに消える。2000円のスカートを買っただけで、店の外までお見送りをされる。

 気持ちはうれしいけれども、正直「そんなにへりくだらなくてもいいのに……」と思うことも多い。ドイツの接客は(良くも悪くも)人間と人間のコミュニケーションだから、客と店員の関係がもっと近い。
「おつりがないんだけど、1ユーロある?」と聞かれ、「ないなぁ。じゃあチップであげるよ」「ありがとう」なんて会話をする。それに一度慣れてしまうと、日本の客と店員とのあいだにある、
不自然なほどに遠い距離といびつな上下関係に戸惑ってしまうのだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180929-00057672-gendaibiz-bus_all

引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1538203775

続きを読む

Source: 【2ch】ニュー速クオリティ


返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。