外国人技能実習生「人間らしい睡眠時間が取れる仕事をしたい」、月に452時間も働いていた・・・


1: 風吹けば名無し 2019/02/27(水) 00:34:55.63 ID:9yyIVQeva
愛知県豊橋市の農家で働くミャンマー国籍の技能実習生5人が26日、長時間労働を強いられ、未払い賃金もあるとして豊橋労働基準監督署に事実関係の調査を申し立てた。
支援する労働組合などとともに名古屋市で記者会見を開き、明らかにした。

 

労働組合JAMなどによると、申し立てたのは20~30代の女性5人で、それぞれ、2017年6月~18年6月に来日。
大葉を束ねてパック詰めする作業に従事したが、休日は無く、1時間半の自由時間と15分間の昼食休憩を除いて午前7時(日曜は午前8時)から午前0時まで作業させられた。

 賃金は出来高払いで、今年1月の労働時間が452時間に上った女性は、時給に換算すると339円だった。
未払い賃金は1人当たり150万~300万円に達する可能性があるという。

 JAMなどはこの日、5人を保護し、未払い賃金の支払いなどを農家に要求。農家は「夜は働かせていない」などと否定したという。
記者会見で、実習生らは「農業を学びたいと思ってきたが、言葉にできない心の傷を負った」「人間らしい睡眠時間がとれる仕事を希望したい」などと訴えた。

 県によると、愛知県のシソ(主に大葉など)の産出額は全国1位。JAMの小山正樹参与は「愛知県の誇る大葉の栽培、生産が彼女たちの血のにじむような働き方の中で作られていることを知ってほしい」と話した。(堀川勝元)

2019年2月26日20時00分
朝日新聞デジタル

https://www.asahi.com/articles/ASM2V5H54M2VOIPE01M.html?iref=comtop_8_05
no title


続きを読む

Source: 【2ch】ニュー速クオリティ


返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。