下町ボブの雪辱を晴らせ!町工場「東京五輪ではカヌーやアーチェリーで使ってもらう!」


1: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2018/02/26(月) 05:31:55.47 ID:1VdZlZCsM.net
 「五輪出場がこんなにも難しいのか」。下町プロジェクトの細貝淳一ジェネラルマネージャー(GM)は、悔しさをかみしてめてこう話す。ただ、下町ボブスレーの気概は全国に広がり、他の町工場も“五輪出場”を虎視眈々(たんたん)と狙う。

 同じ東京の下町、江戸川区の町工場4社は純国産のアーチェリー弓具の開発に取り組んでいる。金属加工を手がける西川精機製作所の西川喜久社長は8年ほど前から趣味でアーチェリーを楽しんでいたが、
「弓具のほとんどが韓国製や米国製。日本のモノづくりの技術なら、日本人の体格にあった弓具が作れるのでは」と考え、17年春から共同開発に取り組み、
同年9月には試作品1号が完成した。
塗装会社が表面加工、プラモデルメーカーがグリップを担当するなど、4社がそれぞれ強みを生かした。

 また、金属加工の浜野製作所(東京都墨田区)と車両試作開発のテックラボ(同多摩市)、
東洋大学の望月修教授らによる「国産カヌー水走(MITSUHA)開発コンソーシアム」は、純国産のカヌー開発に取り組む。カワセミのくちばしの形状を参考に製作された船艇は、波の抵抗を最大限小さくした。

http://www.sankei.com/smp/premium/news/180225/prm1802250003-s1.html

引用元: http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1519590715/

続きを読む

Source: 【2ch】ニュー速クオリティ


返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。