ユニセフ「もっと募金しないと、中東・北アフリカの子供100万人が寒さで苦しむことになります」


1: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2018/11/28(水) 20:04:01.06 ID:BxZbQqc50.net
【アンマンAFP=時事】国連児童基金(ユニセフ)は27日、資金不足と冬の到来により、中東・北アフリカ(MENA)地域で
100万人近くの子どもが「寒空の下にさらされる」恐れがあると警鐘を鳴らした。(写真は資料写真)
 ユニセフのヘルト・カッペラエレ中東・北アフリカ地域事務所代表は、「長年の紛争、強制移住、失業状態が人々の経済力をほぼゼロにした。
暖かくして過ごすことが、まさしく手の届かないものとなっている」と述べた。
 中東・北アフリカ全域の子どもを支援するための資金については今冬、3300万ドル(約38億円)の不足に直面しているという。
不足額は、予算配分総額の約3分の2に当たるとされている。
 冬の寒冷で雨の多い天候は、キャンプやシェルターなど、必要最低限の設備で暮らしている人々に多大な影響を与えることが考えられる。
 これについてカッペラエレ代表は、「中東・北アフリカ全域が寒冷で雨の多い天候に見舞われると、100万人近い子どもたちが寒空の下に
さらされる恐れがある。既に危機的状況に置かれている子どもたちだ」と指摘する。
 また、「栄養のある食べ物や医療サービスが限られている状況で、子どもたちは徐々に弱り、低体温症や危険な呼吸器疾患にかかりやすくなっている」
とも説明した。
 ユニセフは、今年の冬にシリア、イラク、ヨルダン、レバノン、トルコ、エジプトの子ども130万人を対象に、防寒用の服や毛布、きれいな水、
その他の衛生面での支援提供を目指すと表明している。【翻訳編集AFPBBNews】
https://www.jiji.com/jc/article?k=20181128037956a&g=afp

引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1543403041/

続きを読む

Source: 【2ch】ニュー速クオリティ


返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。