【驚愕】ハイブリッド車、売れない → 代わりに売れている「低燃費」車がこちらwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww


1352784

1 2018/10/29(月) 12:06:43.09 ID:XxXBliVg0 BE:487816701-PLT(12060)

国内新車市場に異変! HV失速、ディーゼル車に熱い視線[新聞ウォッチ]

「オヤオヤ……?」と頭を傾げた人も少なくないだろう。日経が10月28日付朝刊で取り上げた記事である。タイトルは「電動車販売 日本踊り場、けん引役のHV失速」。

それによると、「世界的に拡大する電動車の販売が日本で踊り場にさしかかっている」との書き出しで「2018年度上期(4~9月)のハイブリッド車(HV)など電動車の販売台数がマイナスに転じた」と伝えている。

具体的には上期の電動車は前年同期比2.5%減の53万2628台。このうち、「電動車の9割強を占め、けん引役だったHV販売が2.0%減と失速したことが全体の落ち込みにつながった」と分析。

さらに「燃費志向の消費者が、車両価格が割安なディーゼル車に流れ、販売台数が過去最高になるなど世界的にも特殊な市場になっている」とも指摘している。

ディーゼル車がHVに代わって売れ行きが好調というのも興味深い話だが、日経でも「日本では1990年代からディーゼル車の排ガス規制が段階的に強化されており、環境への悪影響のイメージは薄れつつある」などと伝えている。

しかも、記事では高騰が続くガソリン価格にも触れており「ディーゼル車の燃料になる軽油は2割ほど安い」など、「初期費用を含めた経済性も評価されているようだ」とも。日経をはじめ、メディアは、これまで独VWによる排ガス不正の影響などで逆風のディーゼル車よりHVやEV(電気自動車)など電動車の話題が主流だった。だが、“ 風見鶏”の日経の記事のように、再びクリーンディーゼル車に熱い視線が注かれる可能性もある。

パリモーターショー2018でワールドプレミアした新型トヨタ『カローラ』のステーショ…

https://response.jp/article/2018/10/29/315520.html


続きを読む

Source: エクサワロス


返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。