【驚愕】イエズス会・中井淳神父、「慰安婦像」建立へwwwwwwwwwwwwwwwwww


no title

1 2019/02/25(月) 11:00:07.80 ID:CAP_USER

悪化する韓日関係・・・中井淳神父、「日本人の心に慰安婦像を建てる」

<アンカー>
悪化する韓日関係、出口が見えません。

韓日哨戒機対立と日帝強制徴用賠償判決、そして日本軍慰安婦問題まで。

今度は我らの地(領土)である独島(トクド)まで言い掛かりをつけています。

このような状況で、日本人の心に平和の少女像を建てるという日本人がいます。

メン・ヒョンギュン記者が、イエズス会日本管区の中井淳(ナカイ・ジュン)神父に会ってきました。

<記者>
慰安婦被害者ハルモニ(お婆さん)の名誉回復を祈って建てられた平和の少女像。

少女は膝の上に両手を乗せて、拳をしっかりと握っています。

少女の拳は日本軍慰安婦問題の正しい解決への意志を意味しています。

少女の手を握ってくれる日本人がいます。

イエズス会日本管区の中井淳神父です。

中井淳神父は、申し訳ないという言葉で話を始めました。

<中井淳神父(イエズス会日本管区、下関労働教育センター長)>
「ハルモニたちがご存命の間に本当にそのような解決ができたら良いが、そうならない事に申し訳ないと思います。(中略)。亡くなったハルモニたちの記憶や痛みを私たちが記憶して、和解のために活動したいと思います」

中井淳神父は韓日間の対立が続いている事に関連して、歴史をしっかりと見つめないという日本社会の風土を指摘しました。

<中井淳神父(イエズス会日本管区、下関労働教育センター長)>
「隣国に多くの過ちを犯しましたが、そのせいで自分の心も傷つきました。つまり他人を傷つけたら自分も傷つきますが、そのような加害者の傷を見ないようにする社会です。目を背ける」

歴史そのものに向き合おうとしないため、間違ったという認識もないと惜しみました。

<中井淳神父(イエズス会日本管区、下関労働教育センター長)>
「歴史を知らない日本人が多いようです。間違っていたとも言いません。ただ直視しないのです。過ちを認めたり、歴史を直視すれば自身のアイデンティティーが崩れる… 日本の社会は恥ずかしながら、そのような社会です」

中井淳神父の最初の任務地は下関でした。

下関は日帝強占期に朝鮮人が連行された関門のような場所です。

解放後、祖国に帰る事ができなかった朝鮮人が定着しました。

特に安倍総理の政治的基盤になった場所で、極右志向の日本人が多いです。

逆説的にも、中井淳神父はここで真実の歴史に向き合い始めました。

結局、中井淳神父は韓国に行く事を決心しました。

慰安婦と強制徴用問題、朝鮮学校など、歴史から始まった社会問題を現場で見つめました。

日本人の心に少女像を建てるために声を高めました。しかし。

<中井淳神父(イエズス会日本管区、下関労働教育センター長)>
「人と話をするのではなく、壁があるような印象を受けました。完全に攻撃を受けました。右翼側の人々に」

しかし、中井淳神父は止まりません。

痛くてもありのままの歴史に向き合う事が、傷を治癒する第一歩だからです。

http://www.cpbc.co.kr/CMS/news/view_body.php?cid=746868&path=201902


続きを読む

Source: エクサワロス


返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。