【話題】年齢1桁の少女アイドルに熱中する日本人… 外国人には「異様な光景」


1: 2018/02/26(月) 15:01:48.60 ID:CAP_USER9

http://www.afpbb.com/articles/-/3162566
no title

【2月26日 AFP】東京の雑多な街角。狭く薄暗い会場で中年男性たちがステージ上に声援を送っている――彼らが熱狂しているのは6歳(取材当時)の少女だ。

「あいちゃん6さい(現在の活動名は「あいちゃん7さい」)」は髪にリボンを着け大人のようなメイクを施しているが、まだ非常にあどけない。

 あいちゃんのように小規模なステージで活動する少女たちを日本では「地下アイドル」と呼び、それが問題視されることもない。しかし、ここで見られるある風潮が未成年者を危険にさらしていると人権団体は訴える。日本では幼い少女を性の対象にすることへの危機意識が極めて乏しいというのだ。

 日本では児童ポルノの「単純所持」が2015年にようやく摘発対象となったばかり。
先進国の水準に追いつかんとするが、子どもの性を商品化するビジネスは法の目をかいくぐり、当局とのいたちごっこが続く。

 ある地下アイドルのライブ。セキソウイチロウさん(当時40)は男性ファンの人混みの中にいた。
週2回はステージに立つ少女たちを見に来るという。彼自身はアイドルの女の子たちを応援しているだけで何らやましさはないと強調するが、中には彼女たちを性的な対象として見ているファンもいると話す。

「例えば、ここにいるのと歌舞伎町のキャバクラにいるのと本質としてはたぶん変わらない。
あとは本人たちがどう捉えるかだけの問題」だと語った。

 16歳から活動しているアイドルの姫乃たま(Tama Himeno)さん(25)は、自身のライブに来る男性たちはアイドルを崇拝し、普段はとることのできない若い女の子たちとのコミュニケーションを切望しているのだと語る。

 使用済みのパンストを3万円で売ってくれと持ち掛けられたこともあるというが、ファンの大半は「純粋」だと擁護する。

「小さい女の子を崇拝するというのは、確かにほかの国よりはある」と言い、「源氏物語(The Tale of Genji)」を例に挙げた。11世紀に誕生したこの古典文学は、貴族の男性と幼い少女を含むさまざまな女性との恋愛関係を描いている。

 男性たちは「どこにでもいるような女の子」と触れ合うことに引きつけられていると話すのは、あいちゃんのマネージャー、大隈秀徳(Hidenori Okuma)さんだ。

■外国人には「異様な光景」

「(ライブに)高校生アイドルが出てくると、行ってしゃべったら楽しい。それでみんな集まってくる」と大隈さん。
「今だと小学生グループも出ていて(中略)私は小学生の女の子が好きですって堂々と言う人が多くて。
そう言える空間が用意されている」

 あいちゃんの母親ヤマザキマミ(Mami Yamazaki)さん(当時26)によると、あいちゃんがアイドルになりたいと思うようになったのはスターの座を目指して努力する少女たちを描いた
アニメ「アイカツ」がきっかけだという。

「テレビを見れば子どもたちがドラマやCMに映っていて、子ども服の雑誌を見ればきちんとお仕事としてモデルをやっている子どもたちがいる」、「(あいちゃんがやっていることは)雑誌やテレビで映っている子どもたちとあんまり変わらない」とヤマザキさんは語る。

 自身も10代の頃にバンド活動をしていたというヤマザキさんは、娘の活動はアイドルとして成功する道だと考えている。

 まれに見る成功を収めたアイドルグループの一つ「AKB48」が示してみせたように、こうした活動は有名になるための手段となり得るのかもしれない。彼女たちが秋葉原の小劇場から活動をスタートさせたとき、AKB48の最年少メンバーは11歳だった。


続きを読む

Source: エクサワロス


返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。