【衝撃】Google Earthで未知の熱帯雨林が実際に発見されるwwwwwwwwwwwwww


1: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2018/08/30(木) 08:44:22.02 ID:ID:1ygGri8Y0●.net
Google Earthを使って未知の熱帯雨林が発見される

ポリゴンで表示された地形と美麗な衛星写真によって作り出されたバーチャル地球儀システムが「Google Earth」です。このGoogle Earthを使って、まだ誰も足を踏み入れたことのないような未開のジャングルを発見し、探検した人が登場し、話題となっています。

2017年2月、蝶の専門家で保存科学者のジュリアン・ベイリス氏はGoogle Earthで
アフリカ・モザンビークに1つの山を発見しました。

リコ山と呼ばれるその山はおよそ124mの岩石隆起で、山の上には人間が踏み入ったことのない
自然が眠っていました。山の周辺には小規模な農家や紅茶・ユーカリのプランテーションなどが広がっていたものの、山の頂上へ続く道もなく、そりたつ壁のような崖によってアクセス不能となっていました。

ベイリス氏は、世界的なトップクライマー2人・科学者3人・シェフなど多種多様な人材を含んだ28人で探検隊を組み、この誰も足を踏み込んだことのないジャングルを調査するために
モザンビークへ旅立ちました。

この山を登るためには、まず花崗(かこう)岩でできたおよそ400フィート(約120m)ほどの
岩肌を登らなければなりません。120mの絶壁は慣れたクライマーであればおよそ35~40分ほどで登れるとのことですが、普通の人であれば2時間はかかるそう。探検隊は麓にキャンプを張り、数日かけてリコ山に登ることとなりました。

リコ山に登ると、普通のジャングルと違い、鳥がほとんどいないことがわかりました。
鳥の鳴き声や羽ばたきの音が一切聞こえなかったとのこと。専門家は、120m以上の高さがある
リコ山は周りの環境から地理的に隔離されていることもあって、鳥の生息も周りとは全く違ったものになっていったのではないかと予測。加えて、何らかのきっかけでネズミやアリに鳥が食べられてしまい、山に生息しなくなってしまったのではないかと考えているそうです。

このジャングルで見つかったネズミは家猫のサイズに匹敵するほど大きく、長い尻尾を持っていました。また、鳥が少ないことで虫が多く、特にさまざまな種類のクモが生息していることがわかりました。

https://gigazine.net/news/20180830-google-earth-secret-garden/

引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1535586262/

続きを読む

Source: 【2ch】ニュー速クオリティ


返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。