【減塩】秋田「タニタ食堂」、健康に配慮した定食を提供 → その末路が・・・


1: 2018/03/31(土) 10:35:01.24 ID:CAP_USER9

1419588438_b

 低カロリーで健康に配慮した定食メニューを提供してきた秋田市中通の「あきたタニタ食堂」が、きょう31日の営業を最後に閉店する。

 東京の計量器製造販売会社「タニタ」は「開店当初の客足はよかったが、その後は低迷が続いていた。地域に合わせたメニュー作りが十分でなかった」(広報課)という。

 2014年12月に同市中通の「エリアなかいち」の商業施設が改装オープンする際、目玉テナントの一つとして開店。塩分を控え、大きめに切った野菜をふんだんに取り入れ、よくかんで食べることで満腹感が得られるように工夫したメニューを提供していた。

 県によると、県民の間では古来、漬物をはじめとした塩分が多めの食事をとることが習慣になっていた。「健康寿命日本一」を掲げる県は、同食堂に減塩教室の開催を委託するなど、協力関係を結んできた。佐竹知事は26日の記者会見で同食堂の閉店に触れ、「ヘルスセンター的な拠点になるかと期待したが残念だ」と惜しんだ。

 タニタは直営・フランチャイズを含めた食堂を全国で10店舗展開していたが、来月から9店舗になる。

http://sp.yomiuri.co.jp/economy/20180331-OYT1T50014.html


続きを読む

Source: エクサワロス


返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。