【放送法4条撤廃】テレ東社長「放送事業見直しは、視聴者を置き去りにせず考えるべきだ」


1: 2018/03/30(金) 09:04:06.25 ID:CAP_USER9

03271041_56f73a4683b7e

安倍首相が検討している放送事業の見直しについて、テレビ東京の小孫茂社長は29日の記者会見で、「視聴者に与えるメリット、デメリットを丁寧に分析し、進めるべき話だ」と述べた。

政治的公平性などを定める放送法4条の撤廃が検討されていることに対しては、「視聴者を置き去りにしたような議論は、どこかで軌道修正を迫られるのではないか」と慎重な対応を要請した。

放送事業の見直しは、同日の参院総務委員会でも取り上げられた。日本維新の会の片山虎之助共同代表(元総務相)は「放送法4条は常識的な原則だ」と強調し、存続を求めた。

野田総務相は「放送法4条を撤廃した場合、間違った報道や公序良俗に反することもOKとなる」と指摘。「国民が(そうした影響を)望んでいることなのか、しっかり議論していただかなければならない」と応じた。

2018年03月30日 07時50分
YOMIURI ONLINE
http://www.yomiuri.co.jp/politics/20180330-OYT1T50017.html?from=ytop_main4


続きを読む

Source: エクサワロス


返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。