【悲報】安倍政権を支持するツイートの大半が「BOT」であることが判明してしまうwwwwwwwwwwwww


1: 2018/03/29(木) 16:18:01.99 ID:OzZTTbpc0● BE:181846895-2BP(2000)

https://the01.jp/p0006605/

日本国内で世論操作のためのボットが大規模に活動している
先日公開されたドイツのエアランゲン=ニュルンベルク大学のファビアン・シェーファー博士の論文『Japan’s 2014 General Election:Political Bots, Right-Wing Internet Activism, and Prime Minister Shinzō Abe’s Hidden Nationalist Agenda』において、2014年の衆議院選期間中におけるツイートの統計分析が行われ、衝撃的な結果が出た(注1)。

結論を言うと83.2%のツイートがコピー(そのままのコピーではない類似ツイート含む)であり、ボットを利用した拡散も確認された。
シェーファー博士は、ツイートの内容を分析し、2014年の衆議院選の安倍政権には「ナショナリズム」という隠れたキーワードがあったと推測している。

no title

論文全体は日本の政治状況に踏み込んだものとなっており、日本でネット世論操作が行われ、選挙にその影響が出ている可能性を指摘。
その裏には「ナショナリズム」があったと分析している。
 
(注1)『東洋経済オンライン』にこの論文を紹介した日本語の記事『SNSが日本の政治に与える無視できない影響』もあるが、どちらかというと政治へのSNSの影響を紹介しており、論文の内容については軽く触れるに留まっている。元の論文(英文)には詳細なデータがあるのでぜひそちらをご覧いただきたい。
2014年12月8日から30日の間のツイートの中から政治に関係あると考えられるキーワードを含むツイート54万2584件を抽出して析析したもので、45万1539件、83.2%が類似ツイートを含むコピーであるとしている。類似ツイートとは元のツイートとは若干表現を変えているもの(near-duplicates)である。この論文の特徴は言語解析を行い、完全一致ではなく類似のものも認識できるようにしている点だ。なお、単純な完全コピー(リツイートなど)は30万7670件56.7%だった。つまり単純なリツイートではなく、同じ内容だが表現に手を加えた類似ツイートは14万3869件存在したことになる。

この情報を統計解析し、5つのパターンを抽出した。そのうち3つのパターン(パターン1、2、5)は「安倍政権支持キャンペーン」のボット、残りの2つのうち一つが「反安倍政権」。最期のパターンは「ボットに似た人間」であろうとしている。Webで記事を読んでシェアボタンをクリックしたような場合、ツイート内容が似ているのでボットのように見えるが、実際には人間が操作している。

全体像を整理したチャートが図2になる。


続きを読む

Source: エクサワロス


返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。