【悲報】同僚の肛門に空気を注入し死亡させた会社員(36)罪状認める、弁護側「驚かせようとしただけ」


1: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2019/03/27(水) 10:59:49.71 ID:+Nj9eF/H9.net
 同僚の肛門にエアコンプレッサーをあてて体内に空気を送り込み、死亡させたとして傷害致死罪に問われた茨城県阿見町うずら野、会社員吉田佳志(よしゆき)被告(35)の裁判員裁判の初公判が26日、水戸地裁(小笠原義泰裁判長)で開かれ、吉田被告は罪状認否で、「(間違い)ありません」と起訴事実を認めた。判決は29日。

 起訴状によると、吉田被告は昨年7月13日、龍ヶ崎市にある勤務先の工場で、同僚(当時46歳)の穴に作業着の上からエアコンプレッサーを押しつけて空気を体内に送り込み、胸腔きょうくう内に空気がたまったことによる窒息で死亡させたとされる。

 検察側は冒頭陳述で「動機や経緯に酌むべき点はない」と主張。弁護側は吉田被告は被害者を驚かせようと思っただけで、「傷害を負わせようという気持ちは全く持っていなかった」と訴えた。

https://www.yomiuri.co.jp/national/20190327-OYT1T50179/

引用元: http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1553651989/

続きを読む

Source: 【2ch】ニュー速クオリティ


1件のコメント

  1. 会社は会社名を隠し、不憫な殺され方をされた被害者は氏名を載せられている。
    おかしくありませんか? 被害者の尊厳を踏みにじる心無い振舞いです。

    吉田被告はもちろん一番悪い。死刑に値する犯罪を犯した。
    会社も責任重大ですよね? なぜマスコミの前で記者会見をしなかった?
    やましい事がなければ、マスコミの前で堂々と説明できたはずですよね?

    犯人も一人でだけでなく、複数いたのでは。 社内組織によるいじめが横行した結果、
    こんなにも悲惨な殺人事件を引き起こしたと思う。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。