【悲報】原発事故をうけ、仮設住宅で暮らしていた「避難者」の末路が・・・・・


8.27korekara-dokoe0kasetu2

1 2018/08/29(水) 07:14:29.11 ID:TkzjDFhu0 BE:425021696-2BP(1500)

東日本大震災 応急仮設住宅の無償貸与20年3月打ち切り

東京電力福島第1原発事故により、福島県の帰還困難区域を含む4町村からの避難者に対し、県は27日、応急仮設住宅の無償貸与を2020年3月で打ち切ると発表した。
  
帰還困難区域からの避難者に打ち切りの期限が示されたのは初めて。
これにより福島第1原発がある大熊、双葉両町を除き、全自治体で無償貸与が終了する。

対象は葛尾、飯舘両村の帰還困難区域と、富岡、浪江両町の同区域を含む全域からの避難者で計3298世帯。
  
プレハブの仮設住宅と県などが民間賃貸住宅を借り上げる「みなし仮設」の両方が対象。県は、災害公営住宅(復興住宅)の整備など、安定した住まいの確保にめどが立ったことなどを理由としている。

https://mainichi.jp/articles/20180828/k00/00m/040/120000c


続きを読む

Source: エクサワロス


返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。