【悲報】ハム清宮、キャッチボールも出来ないレベルになってしまう


1: 2018/03/29(木) 17:40:16.42 ID:CAP_USER9

20180329-00000023-nkgendai-000-1-view

「あー……」

 28日、限局性腹膜炎からリハビリ中の清宮幸太郎(18)がキャッチボールをしているときだ。この日は40メートルほどの距離まで延ばしたが、うまく投げられずに、うめき声をあげて悔しがる場面が何度かあった。

「イマイチですね。そのうち、うまく投げられると思います」

 とは、清宮本人。退院してまだ5日。ボールが手につかないのは仕方ないとはいえ、目についたのが担ぎ投げのようなスローイングだった。

 米アリゾナキャンプ中、金子誠内野守備走塁コーチからマンツーマンの守備特訓を受けた。上体の力に頼った担ぎ投げを修正するため、肩に負担がかからないスローイングを教わり、改善の兆しを見せていた。今は本気でスローイングをしていないにせよ、キャンプ前に逆戻りしたような投げ方だった。

 守備の構え、捕球、スローイングの際の体重移動、さらに走塁を含めた基本練習の中断を強いられただけに、復習が必要になる。

■筋力と脂肪のバランス

 この日の練習の最後に、室内で計31球のノックを受けた。半分を過ぎたあたりでノッカー役のトレーナーから「ちょっと休むか?」と声をかけられ、自ら「休みます」と1分ほどインターバルを取った。「久々の運動で体が張ったりしている」と話したように、入院生活で体を動かさなかった反動も出ている。

 食事についても胃腸に負担がかからないよう、脂モノを控えるなど制限があるという。普通に食欲はあるそうだが、103キロから95キロに落ちた体重はまだ「あまり変わっていない。筋肉と脂肪、両方が落ちているんじゃないですかね」(清宮)と言う。入院当初は点滴治療のみで食事さえ取れなかった。消化機能を取り戻し、元通りの食事ができる状態にならないと持久力も戻ってこない。

「清宮は中学時代からプロのトレーナーと体づくりをしてきた。体重を大きく増やさず、体脂肪率や柔軟性なども考慮し、段階的に100キロ超のボディーをつくり上げた。高校生離れしたこの肉体が1年目から一軍でプレーできる土台になるはずだった。打撃の技術である程度はカバーできたとしても、一度崩れた筋力と脂肪のバランスを短期間で元に戻すのは簡単ではないでしょう」(球界関係者)

 練習後、「(練習)メニューもだいぶいい感じで上がっていると思う。昨日より今日の方がより復帰に向けて近づいている感じがある」と意欲を見せたが、完全復活するために乗り越えるべき壁は少なくない。
https://news.nifty.com/article/sports/baseball/12136-009489/


続きを読む

Source: エクサワロス


返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。