【悲報】ダルビッシュの3日間に渡るレスバ、ついに記事になってしまうwwww


1: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2018/10/30(火) 08:58:56.63 ID:xfDEQuZu0.net
メジャーリーグで「シカゴ・カブス」所属のダルビッシュ有選手(32)がツイッターで、
ジャーナリストの安田純平氏を巡る「自己責任論」に対して、3日間にわたり反論し続けた。

事の発端は2018年10月25日の、「自己責任なんて身の回りに溢れているわけで、
あなたが文句をいう時もそれは無力さからくる自己責任でしょう。皆、無力さと常に対峙しながら生きるわけで。
人類助け合って生きればいいと思います」(25日22時27分)という投稿まで遡る。

「世界のどの国もが知らんぷりだったらどうするんだろう?」
ダルビッシュ選手の最初の投稿は25日22時27分ごろ。その後もユーザーからのリプライ(返信)に対してできる限り返信しているようで、
自身の投稿のリツイートも含めると、その数は140~150回に渡る。
以下は1度目の投稿におけるユーザーの反応に対するダルビッシュ選手のリプライだ。

(中略)

ダルビッシュ選手は2018年に「シカゴ・カブス」と6年契約を交わし、シカゴ近郊にマンションを購入したと各メディアで報じられている。
現在も、日本とおよそ14時間の時差があるシカゴにいるとするなら、最初の投稿は現地時間で25日8時半ごろという計算になる。

ダルビッシュ選手は1回目の投稿に対するリプライから間をあけず、26日1時34分(日本時間)に2度目の投稿をしている。

(中略)

2時間後の4度目の投稿までに、15件のリプライをしている。この時点でダルビッシュ選手は、
ユーザーからの反応1つ1つにリプライするというよりも、これまでの自身のリプライを引用ツイートして反論する形が多くなっている。

「何の説得力があるかわかってますか?笑」
26日8時8分、ダルビッシュ選手は続けて4度目のツイートを投稿した。

こちらにおいても、ユーザーからのリプライに対して、27日3時27分ごろまでに5件ほど返信している。
丁寧な言葉遣いは崩さないが、ダルビッシュ選手は「何回も言いますが」という言葉を多用、
「何の説得力があるかわかってますか?笑」といった、挑発的と捉えられてもおかしくない表現も見られる。

引用元: http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1540857536/

続きを読む

Source: 【2ch】ニュー速クオリティ


返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。