【恐怖】史上最悪の「スーパー淋病」にイギリス人男性が初感染


1: 2018/03/30(金) 23:41:39.38 ID:CAP_USER

■抗生物質の効かない淋病が世界で急増。対応が追い付かず、制御不能になる恐れも

東南アジアで女性と性行為をしたイギリス人男性が、
既存の抗生物質が効かない史上最悪の「スーパー淋病」に感染していたことが明らかになった。

イングランド公衆衛生当局によれば、男性の症例は、
淋病の治療に最も有効とされる2種類の抗生物質が効かなかった初めてのケース。
英BBCニュースが報じた。男性はイギリス国内にもパートナーがいたが、
淋菌に感染したのは今年初めに東南アジアで別の女性と性行為をした時、と当局はみている。

淋病の治療では、アジスロマイシンとセフトリアキソン、という2種類の抗生物質を併用する。
だが今回はそれが効かなかった。淋病はイギリスで2番目に多い性感染症だ。

淋病は避妊具なしの性行為や、オーラルセックス、アナルセックスによって感染するほか、
感染した相手の性器に触れただけでうつることもある。本人に自覚症状がなくても感染する恐れがある。
主な症状としては、性器から黄緑色をした粘液状の膿が出たり、尿道炎などを発症して男性は排尿時、
女性は月経時に痛みを感じたりする。治療しなければ重症化し、骨盤感染症や不妊になる恐れもある。

「淋病の治療に最も効果的とされてきた2種類の抗生物質や他のほとんどの抗生物質が効かなかった。
これほど強い耐性を持つケースは初めてだ」、とイングランド公衆衛生当局の医師、
グウェンダ・ヒューズはBBCニュースに語った。「代替手段での治療に万全を尽くし、
感染拡大のリスクを最小限に抑えたい」

■「淋菌は頭がいい」

男性は淋病に効き目が認められる最後の抗生物質を投与され、現在も治療中。
医師たちは来月にかけて回復具合を見極めるつもりだ。さらに、スーパー淋病の感染拡大を未然に封じ込めるため、
男性のセックス歴の調査も始めた。

WTO(世界貿易機関)が77カ国のデータをまとめた昨年の報告書によれば、
既存の抗生物質が効かない淋菌は急増しており、淋病が制御不能になる恐れがあるという。

「淋病を引き起こす淋菌は特に頭がいい」と、WHOの生殖医療専門医テオドラ・ウィは昨年7月の声明で言った。
「新種の抗生物質を投与するたびに、淋菌は新たな耐性を獲得する」

WHOによれば、淋病の感染者は毎年7800万人。コンドーム使用率の低下や都市化、人の往来の増加、
抗生物質が効かず治療に失敗するなど、あらゆる要因で感染者数が増加した。
WHOが管轄する東南アジア地域では、毎年1100万人以上が感染しているという。

関連ソース画像
no title

ニューズウィーク日本版
https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2018/03/post-9848.php


続きを読む

Source: エクサワロス


返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。