ルフィ「ゾロ、もうその服着るのやめろ」ゾロ「なっ…」


no title

1:2019/04/28(日) 17:09:51.05 ID:hOhaV1+30.net
ルフィ「それ女物だろ? サイズもあってねえし、正直言ってキモいんだよ」

ゾロ「でも…これは…」

ルフィ「お前は確かに強え。麦わら海賊団には無くてはならない存在だ」

ルフィ「だからこそ…No.2が変態じゃあ、格好つかねえだろ?」

ゾロ「待てよルフィ、こいつは俺の親友の形見で…」

ルフィ「だからって四六時中着る必要はねえだろ? 洗濯だってめったにしねえじゃねえか。不衛生ってのは航海の大敵なんだよ」

ゾロ「………」

ルフィ「あと刀を咥えるのも出来ればやめてくれ、意味ねえだろあれ?」

ルフィ「変態でもいい。でもそれを外には出すな。同じNO.2のカタクリはそれが出来てたから慕われてたんだ」

2:2019/04/28(日) 17:10:29.31 ID:hOhaV1+30.net
ゾロ「………わかったよ」トボトボ

ルフィ「はい、お疲れさん」

ルフィ「じゃー次はナミ!」

ナミ「はーい」

ナミ「しかし急に面談なんてどうしたの?」

ルフィ「無駄口を叩くな」

ルフィ「単刀直入に言うが…ナミ、お前今いくら持ってる?」

ナミ「は?」

4:2019/04/28(日) 17:10:46.24 ID:hOhaV1+30.net
ルフィ「は? じゃねえよ。なんでか知らねえけどいつのまにかこの海賊団の財布の紐はお前が握ってる。まあ俺は納得してないんだけどねえ」

ナミ「……だいたい、2000万ベリーくらいかしら」

ルフィ「2000万ベリー! はあ、天下の麦わら海賊団が随分貧乏生活を強いられてるもんだ」

ナミ「しょうがないじゃないの!あんたがめちゃくちゃ食うからいけないんでしょ!」

ルフィ「《あんた》?」

ナミ「えっ…」

ルフィ「前から気になってた。お前、船長の俺に対してなんでそんなに偉そうなんだ?」

ルフィ「お前、弱っちい女だよな。普段の航海では役に立ってるが、それも別に並の航海士がいれば事足りるんだよ」

ナミ「何よ、私は戦闘でも役に立って…」

ルフィ「それはどっちかというとウソップの功績だろ?」

ナミ「え…」

ルフィ「ゼウス入りのクリマタクト取り上げて、船降りてもらってもいいんだぞ? 現状、お前がこの船に乗る必然性がねえんだよ」

ルフィ「だからさ…せめて俺を敬えよ、な?」

ナミ「…はい」

ルフィ「はい、終わりでいいよ。次ウソップ呼んでこい」

88:2019/04/28(日) 17:20:49.38 ID:+Wn56VcU0.net
>>4
ナミ無しでどう航海するんやこいつ

177:2019/04/28(日) 17:32:00.08 ID:SbnLYz9pa.net
>>88
バルトクラブが渡れる海やぞ

107:2019/04/28(日) 17:23:28.40 ID:YcidTFyfp.net
>>88
いうて新世界とかドフラの部下が飛んで島と島を移動出来るくらいぬるいやん

115:2019/04/28(日) 17:24:29.93 ID:Tz5DqG+cp.net
>>107
お互いの島の位置と気候把握できてればな

6:2019/04/28(日) 17:11:05.11 ID:hOhaV1+30.net
ウソップ「おうルフィ、どうしたんだ改まって」

ルフィ「まー、この船も役割整理をしていかないといけねぇと思ってな(笑)」

ウソップ「役割整理? なんだそりゃ。ナミのやろー暗い顔してたがなんかあったのか?」

ルフィ「気にすんな気にすんな!ちょっとキツイことたまに言わなきゃダメだと思ってよ」

ウソップ「そうか…」

ルフィ「で、ウソップ。俺はお前のこと結構評価してる。特に2年後からすげえじゃねえか!」

ルフィ「ま、これからも頼むよ。サンジやトナカイの面倒よくみてやってな」

ウソップ「お、おう…」

ルフィ「お前は貴重なムードメーカーでもある。戦闘でもピンポイントに役立ってくれるし言うことなしだ」

ルフィ「おっけ、終わりでいいよ。次サンジ呼んできてくれ」

10:2019/04/28(日) 17:12:14.86 ID:BBSCxWzX0.net
ウソップに甘い

9:2019/04/28(日) 17:12:02.29 ID:g0g8XfG70.net
意外と優しい

続きを読む

Source: ふぇー速


返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。