マンガの「強引な打ち切りや執筆放棄」に物申すネット民が現れる


20110408022446
1: 名無しさん : 2018/04/22(日) 20:29:12.20 ID:+TKrpfbA0
「法律に反しないからと途中で物語を捨てる作者を罰する法律が必要だ」。漫画などの作者が事実上放棄してしまった連載作品について、こんな規制を設けるべきだという、はてな匿名ダイアリーが話題になった。

確かに、物語の途中で投げ出されてしまうと、読者としては何ともやりきれない気持ちになってしまうだろう。

ただ、一方で、このような法律ができてしまうと、俗に言う「俺たちの戦いはこれからだ!」方式で、強引に幕引きを図るケースが増えてしまう可能性がある。

そもそも、連載漫画について、読者に対してきちんと最後まで提供する義務はないのだろうか。連載を事実上放棄したり、「俺たちの戦いはこれからだ!」という形式で無理やり終わらせたりしても問題ないのか。西口竜司弁護士に聞いた。 

https://www.bengo4.com/internet/n_7731/


続きを読む

Source: わんこーる速報!


返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。