【驚愕】親指と小指をくっつけて、手首を内側に曲げる → 筋が出るやつwwwwwwwwwwwwwwwwwwww


hqdefault

1 2018/10/13(土) 15:47:39.27 ID:KMoIFEwf0● BE:601381941-PLT(13121)

人体には「進化の過程で役割を失って退化した器官」の名残がいくつも存在する

19世紀の生物学者チャールズ・ダーウィンは、生存競争を乗り越えて自然環境により適応したものが子孫を残すことで種が進化していくという「自然淘汰(とうた)説」を提唱し、「ヒトはサルと同一の祖先を持ち、その祖先もまた別の生物から進化したものである」という現代の進化論の礎を築きました。ヒトが進化する過程の中で必要がなくなった器官は退化するも、その名残は今でも人体に残されています。Voxチャンネルが、人間の体に残る「進化の証」について、ムービーで説明しています。

親指と小指をくっつけて、手首を内側に曲げます。この時、日本人では3~5%の人が以下の画像の右の人のように筋が表れません。

手首に表れるこの筋は「長掌筋(ちょうしょうきん)」と呼ばれ、人体に残された進化の名残の1つです。

長掌筋の機能は別の筋肉でも十分代行されるので、この筋がなくても握力が弱くなるということはありません。

長掌筋は、地面に穴を掘って生活したり樹上で生活したりする哺乳類で発達しています。
キツネザルやサルは長掌筋が発達して長い一方で、木にあまり登らないゴリラやチンパンジーでは退化して短くなってしまっていることがほとんど。ヒトに至っては退化して失ってしまっている場合もあります。

他にもヒトには使わなくなって退化してしまった筋肉が存在します。例えば、耳の周囲にある3つ筋肉がその例。
この筋肉は耳を動かすために存在する筋肉ですが、私たち現代人が耳を積極的に動かすことはありません。

元来、動物は音の方向へ耳をよく動かします。聴力は、夜行性の動物にとって非常に重要な能力です。
しかし、現代人にとってもはや耳を動かす能力はほとんど役に立たないため、耳を動かす筋肉は退化してしまっています。
それでも、わずかながら筋肉を使って耳を動かそうとしていることは、簡単な実験で確かめられます。
まず、耳に筋肉の動きを探る電極を装着します。

そして、例えば左側からスピーカーで大きな音を突然鳴らします。
この時の電位を電極で読み取ってグラフに表したものが以下。左側の筋肉は、音がなった直後に大きく反応しています。
ヒトはイヌやネコのように音の方向へ耳を動かすことはしませんが、進化の名残である筋肉はちゃんと反応しているというわけです。

https://gigazine.net/news/20181012-proof-of-evolution/


続きを読む

Source: エクサワロス


返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。