【驚愕】女子の ”就活” における「内定率」がマジでやばいwwwwwwwwwwwwwwwwwww


ダウンロード - 2019-04-28T170103.658

1 2019/04/28(日) 14:28:17.01 ID:5Jdz7mdv9

女子就活、激動の平成 いまや内定率は男子をリード

平成の時代、働く女性を取り巻く環境は大きく変化した。初期には、景気低迷による採用絞り込みの影響をより大きく受けた局面もあった。

一方で、30年の間に働く女性の数は着実に増え、勤続年数が延び、仕事の幅も広がった。平成時代に就職した女性たちの実像や経験を、2回にわたり紹介する。

平成の30年間にわたる就職活動は激動の歴史だった。1986年に男女雇用機会均等法が施行され、女子採用の門戸が広がったが、バブル崩壊で就職氷河期に。20世紀の終わりごろまで、女子学生の就職事情は経済の動向に大きく翻弄されていた。

「男子には就職先から資料が送られてきても、女子には届かない」「面接で『女子はいらない』と言われた」「就職セミナーの受け付け開始が男子より2カ月遅かった。女性を採用すると言っていても男女格差は日常茶飯事だ」。

女子学生の就活が転機を迎えたのは2000年前後だ。99年に男女雇用機会均等法が改正され、募集や採用などの男女差別が禁止になった。00年には四年制大学を卒業した女子が20万人を超え、短大卒の約16万人を上回り主流派となった。

平成後期に入り、男女の差は徐々に縮まる。厚生労働省の就職状況調査によると、四大卒の男子学生の内定率が18年に97.5%だったのに対し、女子は98.6%。13年以降は一貫して女子が男子を上回っている。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190428-00000005-nikkeisty-bus_all


続きを読む

Source: エクサワロス


返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。