【驚愕】チーズ消費量が過去最高、シェア奪う輸入wwwwwww


1: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2019/07/27(土) 21:51:09.09 ID:ID:8bVF/x0C9.net
原料安定供給が急務

 2018年度の国内チーズ消費量が35万2930トンとなり、4年連続で過去最高を更新したことが農水省の調べで分かった。健康志向や需要の高まりが背景にある。ただ、国産の生産量は減少傾向で、輸入品にシェアを奪われている。欧州連合(EU)との経済連携協定(EPA)の発効で、輸入品の一層の出回り増が懸念される中、国産品は原料乳の安定供給に加え、商品の競争力向上が急務となる。

 総消費量は前年度を4・1%上回った。種類別ではナチュラルチーズが3・7%増の21万367トンだった。チーズ消費量に占める輸入の割合は高まっている。ナチュラルチーズ換算の輸入割合は前年度から0・6ポイント増の86・4%。10年前より5・8ポイント増えた。

 プロセスチーズの原料を含む輸入ナチュラルチーズ総量は4・7%増の27万9567トン。国産ナチュラルチーズ生産量は、0・3%減の4万5384トンに落ち込んだ。特にプロセスチーズ原料用が、4・3%減の2万851トンに大きく落ち込んだ。

 プロセスチーズの消費量は増加している。同4・5%増の14万2563トンに伸びた。輸入品は5・8%増の9645トン、国産品は4・4%増の13万2918トン。各乳業メーカーは、熟成方法や味にこだわった新商品を投入するなど工夫を凝らす。

 今回の発表は、EUとのEPAが発効して以降の2、3月分を含む。ソフトチーズの輸入枠が拡大し、枠内税率も下がった。発効後の期間が短いため、同省は「影響があったかを分析するのは、現状では難しい」(牛乳乳製品課)と話している。

https://news.livedoor.com/lite/article_detail/16838041/

引用元: http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1564231869/

続きを読む

Source: 【2ch】ニュー速クオリティ


返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。