【衝撃】愛知ネカフェ殺人の犯人「誰でもいいから刺そうと思い、ナイフを持っていた」


1: 2018/05/18(金) 16:09:42.08 ID:CAP_USER9

jiken

中区ネットカフェ殺人 逮捕の男、1週間程前からナイフ所持「誰でもいいから人を刺そうと」 名古屋

17日夜、名古屋市中区のネットカフェで、男性客が面識のない男にナイフで刺され死亡した事件。
逮捕された男が「誰でもいいから人を刺そうと思っていた」と供述をしていることが新たに分かりました。

稲田府見洋容疑者(22)は、17日午後8時半ごろ、中区錦のネットカフェで、愛知県尾張旭市の銀行員・大竹智之さん(35)をナイフで刺し殺害しようとしたとして現行犯逮捕されました。調べに対し容疑を認めているということです。

首や頭などを刺された大竹さんはその後、死亡しました。死因は失血死だったということです。

凶器となったナイフは、稲田容疑者が1週間ぐらい前に拾ったもので「ムカついたことがあったら誰でもいいから人を刺そうと思って持っていた」と供述していることが捜査関係者への取材で新たに分かりました。
逮捕時に稲田容疑者が所持していたのは、刃渡り約15センチの果物ナイフだったということです。

警察は、稲田容疑者がひとつはなれた並びの大竹さんのブースから漏れた物音に腹を立て、リュックサックから持っていたナイフを取り出し犯行に及んだとみて、詳しい動機や経緯を調べています。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180518-00010002-ctv-l23


続きを読む

Source: エクサワロス


返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。