【衝撃】家計を管理できない ”妻” がガチでヤバイwwwww


money_fly_yen

1 2019/09/29(日) 07:59:59.43 ID:v2+Iv2gp0 BE:422186189-PLT(12015)

週3ドンキ妻がハマったリボ地獄 毎月7万円の赤字で借金は100万円突破

住宅ローンの返済以外に毎月47万円を使っているという浪費体質の4人家族。
家計を預かる専業主婦の妻は大の「ドン・キホーテ好き」で、家計は毎月7万円の赤字だ。

リボ払いで当座をしのいでいたが、ついに借金は100万円を突破。
ファイナンシャルプランナーが家計改善のために命じたこととは――。

「夫に家計管理の失敗を激しくなじられ、精神的にまいってしまいました」

やつれきった顔で相談にきた都内在住の峰岸綾さん(仮名・39歳)。毎月夫から渡された生活費で家計をやりくりしていますが、赤字続きでクレジットカードのリボ払いに手を出し、借金が膨らみました。支払いに困り夫に相談したところ、家計管理のずさんさを怒られたということでした。

峰岸家は、鉄道会社に勤務する夫の純平さん(仮名・52歳)と専業主婦の綾さん、長男(中学3年生)、長女(小学6年生)の4人家族。

純平さんは「昔気質」のところがあり、「家計管理は妻が賢くやるべきもの」と考えています。給与が入ると住宅ローンと税金関係を除いた40万円を純平さんが綾さんに生活費として渡しています。そして預かったお金は綾さんが一人でやりくりします。

子どもが小さい頃は、家計は黒字で、綾さんが「へそくり」を作れるほどでしたが、子どもたちの成長に伴い、食費、教育費、生活日用品費、洋服代、娯楽費などが増えていきました。

とりわけ長男の部活の遠征費や、きょうだいダブル受験対策の塾代などの教育費(月8.6万円)がかかるようになった2年ほど前から、家計が苦しくなりました。

■「金が足りなくなるのは、お前のやり方が悪い!」
次の給料日まであと1週間というときに、生活費が3000円しか残っていないときもありました。純平さんに報告して、追加の生活費をお願いしても、「金が足りなくなるのは、お前のやり方が悪い!」と一方的に怒られてしまいます。

そのうち綾さんは純平さんに相談するのが怖くなり、現金がなくなるとクレジットカードのリボ払いで買い物をし、当座をしのぐようになりました。

そして3カ月前、リボ払いの残高が「100万円」を超えてしまったのです。

https://news.livedoor.com/article/detail/17153990/


続きを読む

Source: エクサワロス


返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。