【衝撃】「アメトーーク!」問題でテレ朝がついに動くwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww


20190730-00000004-tospoweb-000-4-view

1 2019/07/30(火) 16:28:36.59 ID:qSk7Y35Q9

テレ朝「雨上がり決死隊」から「千鳥」にシフトか

闇営業問題から始まった一連の吉本興業お家騒動の“震源地”の一角である「雨上がり決死隊」宮迫博之(49)がMCを務めていた「アメトーーク!」(木曜午後11時20分、テレビ朝日系)は様々な対応に追われているが…テレ朝は、まず一つ手を打った。8月15日放送枠で「千鳥」(大悟=39、ノブ=39)がMCの特番「テレビ千鳥」を放送することが、本紙の取材で分かった。過去にも同様の例はあったものの、いかんせん今回は状況が全く違う。テレ朝が「雨上がり」から「千鳥」に大きくかじを切ったということだろう。

今回のように「アメトーーク!」が「テレビ千鳥」に差し替わった例は過去に4回ある。最初は昨年3月に単発特番「千鳥の大クセ写真館」として放送した。これが好評だったため「テレビ千鳥」に改題して同年6月と12月に2回放送し、4月からは深夜ながらレギュラー番組に“昇格”。その直後に、もう一度「アメトーーク!」の枠で特番が放送された。

今回のように「アメトーーク!」が「テレビ千鳥」に差し替わった例は過去に4回ある。最初は昨年3月に単発特番「千鳥の大クセ写真館」として放送した。これが好評だったため「テレビ千鳥」に改題して同年6月と12月に2回放送し、4月からは深夜ながらレギュラー番組に“昇格”。その直後に、もう一度「アメトーーク!」の枠で特番が放送された。

「このやり方は、いわば“観測気球”のようなもので、単発特番で視聴者の反応をうかがって、のちのちプライム帯(午後7~11時)の主力商品として勝負できるかどうかをリサーチするもの」とテレビ局関係者。

そのトライアルの結果「『テレビ千鳥』は『アメトーーク!』に匹敵するぐらいのコンテンツパワーを持つと判断された。『将来的には千鳥が雨上がりと代わっても十分に視聴率を取れる』というジャッジを下した」(前同)。

宮迫と蛍原徹が司会を務める「アメトーーク!」の後継者は千鳥だとテレ朝が想定したとはいえ、それは「今すぐに」ということではなく、あくまでも「将来的に」だった。ところが、今回の一連の騒動を受け、局内では「雨上がりから千鳥に、いよいよ世代交代」という声が大きくなり始めているという。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190730-00000004-tospoweb-ent


続きを読む

Source: エクサワロス


返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。