【画像】障がい者女性を車椅子に縛り付けたデルタ航空、その様子がコチラ・・・


1: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2018/04/28(土) 19:21:58

http://japan.techinsight.jp/2018/04/ellis13240426.html
息子のネイサンさんは、母親が現地に降り立った時に不便を感じないようにと事前にデルタ航空へアムステルダムの空港での特別な車椅子の手配をしておいた。それはマリアさんが椅子からずり落ちることなく座っていられるようにストラップが付いた特別な車椅子だった。しかしマリアさんが現地に到着した時にはその車椅子が準備されておらず、その場にあった他の車椅子を使用しなければならなかったそうだ。デルタ航空のスタッフは、車椅子に乗ったマリアさんを無理やり毛布で縛り付けたことで、マリアさんの腕の一部には痣ができてしまった。さらにマリアさんが不快感を表し泣き始めると、スタッフは「うるさい! 黙らないと置いていくぞ」と暴言を吐いたという。

●デルタ航空側の反論

「この件がこのような形で認知されたことについては、我々は不満を感じている。この乗客が現地空港に到着した際も車椅子の介助スタッフが対応しており、サービスにはベストを尽くした。乗客は機内で使用する車椅子を使い、降機した。その後、我々スタッフが乗客に複数の車椅子から選択するように伝えると、彼女はそのうちのひとつを選んだ。空港で使用するための車椅子もゲートに準備してあった。しかし自分が選んだ車椅子に座った彼女は『滑る』と言ったため、介助スタッフが乗客を車椅子に固定させるために『毛布を使うがいいか』と確認をしたところ、乗客は同意した。スタッフは袋から新しい毛布を出して使用した。乗客家族の苦情内容と我々がスタッフから聞いた情報は相違している。」

引用元: http://girlschannel.net/topics/1628557

続きを読む

Source: 【2ch】ニュー速クオリティ


返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。