【画像】危険生物「赤いクワガタ」がこちら・・・


1: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2019/07/11(木) 13:30:14
触ると水ぶくれなどの症状を引き起こす昆虫「ヒラズゲンセイ」が京都や滋賀で生息域を広げている。四国など温暖な地域で見られた種だが、生息域が年々北上してきた。専門家は見つけても触らないように呼び掛けている。

ヒラズゲンセイは、ツチハンミョウの一種で体長約2、3センチ。真っ赤な体とクワガタのような大あごが特徴で、6、7月に成虫になる。体液が有毒で、皮膚につくとかぶれや水ぶくれを引き起こすことがある。クマバチに寄生し、クマバチが好むサクラや巣を作る古い木造家屋など、多様な場所で見られるという。

初宿学芸員は「目立つ虫なので、特に子どもが間違って触らないよう気をつけてほしい」と呼び掛けている。

http://www.kyoto-np.co.jp/environment/article/20190711000027

引用元: https://girlschannel.net/topics/2238058/

続きを読む

Source: 【2ch】ニュー速クオリティ


返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。