【朗報】GIANT、とんでもない「電動クロスバイク」を発表してしまうwwwwwwwwwwwwwwwwwwww


logo-2

1 2018/10/17(水) 07:57:54.86 ID:+PcGVQyk0● BE:842343564-2BP(2000)

触れ込み通りの仕上がりか? ジャイアントの電動アシスト車「エスケープ RX-E+」に試乗してみた

総合自転車メーカーのジャイアントが電動アシストクロスバイクの「ESCAPE RX-E+」(エスケープ RX-E+)の予約販売を10月下旬から開始する。

価格は税別28万円で、2019年1月にデリバリーされる予定だ。予約販売の開始に先立ち、ジャイアントは説明会を実施。「スポーツバイクメーカーが作ったバイク」と強調するが、実際のところはどうなのか。ひと足早く試乗してみた。

エスケープ RX-E+は、ジャイアントのクロスバイクの最上級モデルとなる「ESCAPE RX」(エスケープ RX)に改良を加え、電動アシストユニットを搭載したモデルだ。メインターゲットは、ノンサイクリストで、週末の時間があり、カメラ、旅行、ゴルフなどの軽いスポーツを楽しむ50代の男性だという。

こうした50代男性をターゲットにしつつ、しまなみ海道(約80km)や琵琶湖一周(約200km)といった長距離ライドをアシストし、スポーツ自転車ビギナーのライフスタイルを広げるアイテムにすべく設計された。

スペック上の能力は確かにその通りになっており、最高峰の電動アシストクロスバイクと呼ぶべきモデルと言えるかもしれない。

それを端的に示すのが、大容量バッテリーと余分な電力消費を防ぐ工夫だ。バッテリーは497Whの大容量リチウムイオン(パナソニック製)を採用。

さらに、ヤマハと共同開発したモーターには12倍のセッティングデータを入れたことで、自然でスムーズなアシストを可能とし、余分な電力消費を防ぎ、結果的にロングライフ化を達成できているという。

エスケープ RX-E+にはアシスト強度の強い順に「SPORT」「NORMAL」「ECO+」「ECO」の4つのモードが用意されており、満充電の状態で、SPORTで約90km、NORMALで約110km、ECO+で150km、ECOで225kmの走行距離を可能にする。他社と比べても、より長い航続距離が実現できるという。

また、車体重量が20kgあるなかで、安心・安全にストップするために、油圧ディスクブレーキを搭載する。ジャイアント商品部企画課の斎藤朋寛氏は「これ以外のブレーキは考えられない」とも話す。
さらにギアレシオも使用想定を吟味したうえで、フロント44T×リア11-34Tを採用。こうした細かなところへ配慮が行き届くのは、確かにスポーツバイクメーカーが設計したという触れ込み通りのものと言えそうだ。



https://cyclist.sanspo.com/430486


続きを読む

Source: エクサワロス


返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。