【悲報】Windows10、春の大型アップデート「April 2018 Update」連休明けに来るぞー


1: 2018/04/29(日) 22:13:17.86 ID:CAP_USER9

米Microsoftは4月27日 (現地時間)、Windows 10の2018年春の大型アップデート(Redstone 4) を4月30日にリリースすると発表した。正式名称は、噂されたSpring Creators Updateではなく、「Windows 10 April 2018 Update」になった。

昨年秋のWindows 10 Fall Creators Updateのリリースと同じように、全ての対象デバイスを問題なくアップデートさせていくために、アーリーアダプターになるユーザーや安定したデバイスから提供範囲を広げるように時間をかけてロールアウトする。4月30日は、いち早く最終版を使うことを優先するアーリーアダプター向けのダウンロード・サイトを通じたアップデート提供の開始だ。そして5月8日に、Windows Updateを通じたアップデートの提供を開始する計画。Fall Creators Updateのリリースの際にMicrosoftは、一般ユーザーに対してWindows Updateの自動更新を待つことを推奨していた。

Windows 10 April 2018 Updateは、「タイムライン」「集中モード」、Microsoft Edgeのアップデート、ディクテーションの向上、Cortanaを通じた音声によるスマートホーム機器の管理といった新機能や強化点を備える。

タイムラインは、対応アプリケーションの作業履歴をタスクビューで一覧表示し、ユーザーが作業を簡単に再開できるようにした機能だ。クラウド経由で同期するので、あるデバイスで行っていた作業を別のデバイスで続けることが可能。

集中モードは、これまで非通知モードとして提供されていたもので、仕事中やプレゼンテーション中など通知に邪魔されたくない時に通知を制限する。「優先順位のみ」や「アラームのみ」、制限から除外する人の指定など細かな設定を行える。

Microsoft Edgeは、タブからの音声ミュート/再生再開、PDFや読み取りビューのフルスクリーン表示、グラマーツールといった新機能を備える。グラマーツールは、読み取りビューに対応するページにおいて文章をシラブルにまとめて表示したり、名詞/動詞/形容詞をハイライト表示できる機能。他にも、Webフォームにおけるオートフィルの改善、印刷で不要な要素を排除するオプションの追加が行われた。

日本語関連では、2019年5月1日以降の新しい元号に対応するための準備を開始、日本語IMEの予測入力候補に「住所」と女子高生AI「りんな」の候補を表示できるようになった (既定ではオフ)。

2018/04/28 04:28:03
https://news.mynavi.jp/article/20180428-623762/

Windows 10 April 2018 Update
no title

no title

no title

no title


続きを読む

Source: エクサワロス


返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。