【リスク回避】日本人は安易な自己責任論に陥りがち。苦しかったら周囲に助けを求めてもいいんだぜ。


40318786b2d11f1358e66e65c049f4a0

1 2018/11/10(土) 11:55:09.82 ID:FxN/J1ST0 BE:194767121-PLT(12001)

小島慶子「安易な自己責任論に違和感。自分のせいでも、助けを求めていい」

自己責任という言葉をよく聞くようになって久しいですが、使われ方が随分雑なのではないかと思います。

多くの場合「所為(~のせい)」と「責任」を混同しているからです。自分が原因を作ったということと、損失などの責めを負う義務があるということとは区別して考える必要があるでしょう。

私の家族が暮らすオーストラリアのパースの近くの観光地に、バッセルトンという場所があります。「千と千尋の神隠し」でモデルになったという長さ1.8キロの桟橋があり、観光客が歩けるようになっているのですが、途中から片側の手すりがなくなります。

遠浅とはいえ、下は海。もしここで誤って落ちたら当然、原因は自分が作ったことになりますが、そばにいた人は放っておけないでしょう。むしろ、人が海に落ちたのに放置したらその責任を問われますよね。救助を要請されたレスキュー隊が、「手すりのないところで不注意で落ちたなら自力で岸に泳ぎ着くべき!」なんて言ったら大問題です。

山岳での遭難も同様。天候悪化もあるとわかって登ったのだから助けを呼ぶな、は非情です。危険な目に遭っている人がいたら助けるのは当然のこと。自分のせいでピンチに陥ったとしても、周囲がそれを見殺しにしていいはずがありません。

先日、お向かいの友人が自宅で木工作業中に指を失う怪我をして救急車を呼んだのですが、オーストラリアの多くの州では救急車は有料です(年金生活者や低所得者は除く)。

だから民間の保険でカバーします。でも、自分のヘマでした怪我や不養生でなった病気で助けを呼ぶべきじゃない、助けてもらったら謝れ、と責めるのは的外れです。なぜ謝らなくてはならないのでしょう?

https://dot.asahi.com/aera/2018110800061.html?page=1


続きを読む

Source: エクサワロス


返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。