【マジかw】サムスン電子の現在がwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww


14dd50d2

1 2019/07/30(火) 23:35:31.73 ID:cfO5wY1m0 BE:416336462-PLT(12000)

サムスン電子、ソウルブレイン液体フッ化水素品質評価「合格」…半導体プロセス導入「秒読み」

サムスン電子がソウルブレインが提供する液体フッ化水素を電撃導入する。厳しいことで有名なサムスン電子の社内テストも通過して工程への投入が「秒読み」に入ったとみられる

30日、半導体業界によると、ソウルブレインは忠南公州工場増設ラインを9月末から本格稼動する。ここで生産されているほとんど(90%以上)の液体フッ化水素追加分がサムスン電子の半導体工程に供給されることがわかった。

ソウルブレインの液体フッ化水素がサムスン電子半導体工程に適しているかをテストするプロセスは、すでに24日終了したことが確認されている。結果は、工程投入が可能な品質であった。サムスン電子が要求する純度を満たしている「合格品」ということだ。

業界のある関係者は、「ソルブレインの製品が最終テストに合格し増設される物量の100%をサムスンが購入同意したことがわかっている」と説明した。

サムスン電子とSKハイニックスは日本政府の輸出規制の施行以来、半導体素材の国産化を本格的に進めている。過去10日頃からフッ化水素とフォトレジスト(PR)などのコア材料の品質テストを実施し供給先の多様化を図っている。

サムスン電子がソウルブレインの液体フッ化水素追加分を工程に投入すれば、日本企業への依存度が大幅に下落すると見られる。SKハイニックスはSKマテリアルズを、サムスン電子はソウルブレインをそれぞれフッ化水素供給先として選択する可能性が高く見込まれている。フッ化水素の脱日本戦略が徐々に現実化している形だ。

サムスン電子は、今回のソウルブレインの液体フッ化水素テスト、ガスフッ化水素導入を同時に検討したものと推定される。気体フッ化水素供給企業はFoosungなどが挙げられる。ただし、彼らが提供した気体フッ化水素サンプルの結果はまだ出ていない状態であると思われる。

ソウルブレインはすでに高純度液体フッ化水素をサムスン電子など、いくつかに納品していた企業である。そもそも品質信頼性が高かったわけだ。このため、市場では、液体フッ化水素は、最終的な配信基準に相当レベル国産化が進行されたという評価を早くから受けてきた。

今回、サムスン電子の内部テストでは、ソウルブレインの工場増設にによる追加生産分も工程投入が可能なレベルであるかに焦点を合わせて行われた。ソウルブレインが提供する高純度液体フッ化水素はすでにサムスン電子工程の一部に使用されてきただけに追加生産分も早く工程に適用になるという見通しも出ている。

半導体プロセスに精通した関係者は、「ソウルブレインの公州工場増設で追加生産される高純度フッ化水素の量は、サムスン電子が必要とする半導体製造に十分な量になるだろう」とし「日本企業に依存してきた核心素材の国産化が徐々に成果を出している格好」と説明した。

半導体プロセスに投入されるフッ化水素は非常に高純度が使用される。99.999%以上である。高純度フッ化水素は大きく、液体(エッチング)と気体(エッチングガス)に分けられる。ソウルブレインは、高純度の液体フッ化水素を生成することができる源泉技術を確保したことで知られている。

フッ化水素は、回路を形に削り出すために必要な原料である。主に基板を微細加工するエッチング過程に、エッチングガスは洗浄工程に使用される。

サムスン電子が国内の半導体材料の生産企業であるソウルブレインの液体フッ化水素を本格導入することは、日本の輸出規制後の速度を出す「素材の国産化」計画の一環とみられる。

ソウルブレインは当初、12月の稼働を目指し忠南公州工場を4月から増設し始めた。しかし、サムスン電子とSKハイニックスが半導体材料の国産化に速度を出し始めると稼動時点を9月ごろに繰り上げた。

日本政府は、今月初めに韓国最高裁の徴用賠償などの報復措置として輸出規制を断行している。フッ化水素を含む半導体・ディスプレイ核心素材3種の対韓輸出手続きを厳しく変更した。来月からは韓国を輸出審査優遇対象「ホワイトリスト」(ホワイト国)から除外することが確実視されている状況である。

キウム証券は19日、ソウルブレインの液体フッ化水素について「日本の輸出規制の反射利益期待感が反映され、株価は7月の一ヶ月間で46%急騰したが、ソウルブレインは液体フッ化水素を扱っている企業であり、今回の規制項目であるフッ化水素(ガス)との関連性が大きくない」とし「投資意見を既存の買いから売りに下方修正する」と述べた。

しかし、日本経済産業省が発表した規制措置公表文によると、液体と気体を区別せずにフッ化水素を規制している。フッ化水素の沸点(気化点)は19.5度。同じフッ化水素製品でも19.5度以下に温度を下げる液体となり、それ以上に温度を上げると、気体になる。物質の状態に応じて、規制対象に含めるかどうかが決定されないことが、業界の支配的な意見だ。

サムスン電子側はソウルブレイン液体フッ化水素工程の導入について「取引先の情報は、具体的に確認して与えることができないが、国産フッ化水素はずっと使用していた状態」とし「発表する事案がある場合は、適切な方法を探して行う」と言葉を慎んだ。

http://kankokunohannou.org/blog-entry-12215.html

関連記事:【朗報】韓国、”あの化学物質” の生産に成功かwwwwwwwwwwww
続きを読む

Source: エクサワロス


返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。