「棒読みすぎる」新垣結衣の黒歴史!?「アニメ声優」に挑んだ意外な芸能人たちがこちら・・・


1: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2018/08/13(月) 00:34:34

https://myjitsu.jp/archives/59437
■新垣結衣 『デジモンセイバーズ』(ヒロイン藤枝淑乃)

新垣の演技はアニメファンからの評価が低く、「ガッキーが棒過ぎてきつかった」「棒演技を1年間聞かされたこっちが最悪なんですけど…」「当時淑乃の声優がガッキーとは知らなかったけど、演技が下手だったのは子供ながらに覚えている」といった声がいまだに上がる。同作の出演は、新垣の黒歴史になっているというウワサも…。

■田村淳 『アイシールド21』(蛭魔妖一)

淳が演じたのは、主人公を凌ぐほど大人気のキャラ・蛭魔妖一。実はこの蛭魔は、見た目もさることながら性格もかなり淳に似ていると、漫画がアニメ化される前から話題に。そのため淳が声優をすると決まった際は、芸能人声優に拒否感を示す声がある一方で、期待の声も続出。そして実際にアニメがスタートすると、「演技はともかく声質はハマリ役!」「淳を起用した人はすごい」と称賛の声が上がった。

■風間俊介 『遊☆戯☆王デュエルモンスターズ』(主人公・武藤遊戯)

風間は回を重ねるごとに成長していき、今では「遊戯の声は風間でしか考えられない」「緒方も良いけど、あの熱い雄たけびは風間じゃなければ無理」「風間さんの演技が後半の熱い展開にバッチリ。風間さんだからこそ、こんなに愛されるアニメになったと思う」と称賛の声ばかりが上がる。

引用元: http://girlschannel.net/topics/1754026

続きを読む

Source: 【2ch】ニュー速クオリティ


返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。